無職 キャッシング

定職に就いてない無職の人でもキャッシンッグできるのか?

キャッシングを申し込むと審査されるのは知ってますよね。年齢や職業、勤続年数、居住状況等から、貸していいのか?返済能力があるのか?を審査されます。キャッシングやクレジットは業者からの借金です。業者は貸したお金に対して利息を付けて利益を得ているのですから、必ず返してもらうと言うのが絶対条件です。その為に上記のような事を審査するのは当たり前ですよね。知り合いに貸すのとは訳が違います。赤の他人に貸すのですから、それだけ慎重にならざるをえません。

ですから、職業や勤続年数は重要になってきます。安定した収入が有るというのが、返済能力を見る上で一番の条件となるでしょう。では、無職だと審査には通らないのでしょうか?当然、収入が無ければ審査に通ることは有りません。回収の当てが無いのに、貸すようなことは、友人知人でも難しいでしょう。「チョット待て。俺の知り合いは無職だけど、カードローンを持ってるぞ」と言う人もいるかもしれません。何度も言いますが、業者は回収の目処が立たない相手には貸してくれません。

逆を言えば、「回収できる相手には貸します」と言うことですよね。たとえ無職でも、回収できる確証があれば借りられると言うことなのです。{え?無職で?」と疑問に思うかもしれませんが、その人が資産家だったらどうでしょう?サラリーマンが一生働いても稼げない程の資産が有れば、業者は頭を下げてでも借りてくださいと言うと思いませんか?

では、主婦や学生はどうでしょう?資産家でもなく、定職に就いてるわけでもありません。この場合、当然単独で借りると言うことは出来ません。しかしご主人や、父親の信用で、カードを持つ事が出来ます。当然キャッシングも出来るカードをです。家長のクレジット利用状況が優良で、安定した職業に就き、安定した収入が有れば、その信用で、カードを発行してくれるもので、家族カードと言われています。

ここで、安定した職業と収入が出てきましたが、では、パートやアルバイト、契約社員は駄目なの?となると思いますが、実はこれらの職業の人でも、今では審査を通してくれる業者が増えています。以前は厳しかったのですが、現代は正社員を減らして、臨時扱いの職員を採用する企業が増えています。正社員になりたくてもなれないのです。そういう世相を踏まえて、業者は審査基準を緩めています。アルバイトやパートでも、ある程度収入が見込める人には、カードを発行したりキャッシングの審査を通したりしています。

このように、審査については、各社で対応が違っていますので、たとへ無職でも返済能力さえ認めてもらえば、クレジットもキャッシングも可能となる場合が有ることを知っていてください。